名刺づくりに再びの挑戦!

つれづれ|2020/01/04 posted.

挑戦も何も、プロに頼みんしゃいとは思いつつ、結局自作してしまいました。

本名を載せるなら、活動名は要らなくないかしらと思いつつ、気に入っているのでまだ使います♡
(桧山が活動名で、五十嵐が本名です。)
名刺は去年の5月か6月に作ってから2度目の自作。

特に名刺を作る予定なんてないよという方もいるかと思いますが、名刺制作手順を書いておきますね!
レッツ自営業。レッツ副業。特に名刺じゃなくても、ショップカードでも、子どもへのちょっとしたご褒美的なアイテムでも
簡単に作ることができますよ♪お店屋さんごっことか、ご自宅通貨替わりに何か作ってみても楽しそう(*^-^*)

0、名刺ラベルを用意する。
1、屋号をおしゃれデザイン変換する。
2、もしお望みであれば、QRコードを作成しておく。

3、名刺ソフト(web版)を開く
4、デザインする(1のおしゃれ屋号や、2のQRコードを貼り付ける)
5、印刷する
6、カットする
完成!

 

以下、ちょっとずつ詳しく書いていきますね。

0、名刺を作成する場合には、名刺ラベルを用意する。
私は以前買ってありました残りを使用。A-oneの51261

1、屋号をおしゃれデザイン変換する。
私は今回、こちらのFont Memoさんで、屋号の筆記体を作成しました。
いろんなおしゃれ英字に変換できますから、ご自分の好みのデザインを作成くださいませ。
font-cursiveこちらのフォントはalsscrp、色はFF5FA9です。

2、もしお望みであれば、QRコードを作成しておく。
私はCMANさんで作成。秒で作れちゃいます。

3、名刺ソフト(web版)を開く。
定番は「ラベル屋さん」です。

4、デザインする(1のおしゃれ屋号や、2のQRコードを貼り付ける)
ラベル屋さんにも、他名刺作成サイトでもテンプレートは多くあります。それを土台として、ご自分の好きなようにデザインしてくださいませ。屋号やQRコードはでSnipping Toolで切り貼りすれば問題ありません。

はWindows標準搭載アプリですので「すべてのアプリ」から検索かけていただければすぐに見つかるものと思います。

5、印刷する
A-oneの51261によると、写真用紙設定推奨されているようです。しかし私のプリンタではうまく設定を読み込めず「標準用紙」「品質:きれい」を選択しました。

6、カットする
ミシン目に沿って手で切るだけなのです。

完成!

なんて簡単に名刺ができてしまうんだと感動しちゃいますね。

なのですが!今回私は大変苦労しまして(笑)

今回ラベル屋さんではなくて「canva」でデザイン作成したのですが、これが日本で一般的な名刺サイズとは微妙にずれてたり、印刷する段になって、業者頼まないとうまくいかなくない?みたくなってしまい四苦八苦。

「canvaでPDFファイルでデザイン出力し、pngファイル変換すれば、ラベル屋さんでアップロードして使用できる」という記述をwebで見つけて嬉々としてやってみたのですが、今般のラベル屋さんは厳しい……!pngファイルではアップロードできませんでした。(無料なので文句は言えません。)

 

それで、私が結局どうしたのかというとラベル屋さんで作り直しました、ではなく!
canvaで作成したデザインをペイントで切り抜いてラベル屋さんの無地名刺に貼り付けるという所業で乗り切りました。(ペイントではなく、snipping toolでもいいと思います。)

いや、でもちょっと画質が荒れてしまったし、クオリティーには幾ばくかの難があります。本気でほんとの名刺を作る際には、プロにお願いすることをお勧め致します(^-^;

 

あと、前回一回目の自作の際には、地は白、つまり用紙の色がそのまま出るデザインにしていたのですが、どうしてもちょっと硬質で冷たい感じでした&ちょっとチープ感があったので、今回は全体的にピンク味がかったデザインにしてみました。ご参考までに。

ついでに二つリンク貼っておきます。
直接的に名刺作成では使わないかもしれませんが、便利ですー!

オンライン無料のコンバータサイト(ファイル変換サイト):https://pdf2png.com/ja/(こちらはPDF→PNG)
複数URLを一か所にまとめられるリンクツリー:https://linktr.ee/(インスタグラムアカウントが必要なようです。)

ここまでお付き合いいただきありがとうございましたm(__)m

最後になりましたが、上記方法で作成した際の不具合や不都合、損害については一切保障は出来かねますので、どうぞご自分のご判断と叡智を駆使して作成ください。「名刺作りたいけど大変なのかなぁ」と感じていた方の一助になれば幸いです。あれこれ遠回りしなければ1時間以内で終わるはず。(デザインは凝り始めると沼かもしれませんが。)

あなたの人生がもっとイージーモードで、叶えたいことに楽々手を伸ばしていけるようになりますように。
重ねて書きますが、名刺はビジネスにおける第一印象ですから、必要であればプロに依頼しましょう。
ココナラもおすすめです。スキルマーケットcoconala

いつもここから応援しています!