自分の望みと世間の期待~vsから♡へ~

つれづれ|2020/01/11 posted.

さて、やってまいりました蟹座満月☆
月蝕を伴う満月です。
天王星も順行に戻っていき、日本時間1/13(月)7時頃、土星、冥王星、太陽、水星、小惑星ケレス(セレス)が直列するそうですよ!

以上、*pukalani*のケイコさんのLINE配信情報から♪
*pukalani*のLINE登録はこちらから!→https://pukalani.xyz/line-at/
節目節目の星のお話や、今起こっていることについての彼女の情報網や洞察はとてもおもしろいのでオススメです。
※あ、一応念のため書きますが、宣伝頼まれていたりはしないですので!
ちなみに、ケイコさんは現在ハワイリトリート中で、大量のダブルレインボーを見つつ、ハワイ時間2020/1/12、12:12:12前後という12のオンパレードに上記の惑星直列を体験するのですって☆

私自身は星読みや星解きには精通していなくて、どちらかと言えば体感覚が先、その後、星の動きと照らして自分の状態の再確認をするタイプです。でも星の動きを知っていると、ほんと世界はまた違って感じられるのかもなと思います(*^-^*)

前置きが長くなりましたが、今日は自分の憧れと人から望まれることについて。

うーん、様々な情報が体の中で交錯していてうまく書けるかわかりませんが、よろしければ本日もお付き合いいただけますと嬉しいです。

今朝の夢は、仕事を辞める夢だったのですね。
なんの仕事かまでははっきり覚えていないのですが、たぶん前職・飲食業を辞めていたような気がします。あるいは今の仕事なのかなぁ。でも過去の思い出話ではなくて、夢の中ではリアル進行状態。自分が望んで辞めることは確定し、アルバイトなどしつつ別のことを仕事としていくつもりらしいのだけど、問題は二つで、何をやっていくのかが明確でないという点と、仕事を辞めることを父にどう話すべきか、でした。

結局父に仕事を辞めますと話をして、始めは心配もされましたが「いいよ(みなみの人生だから)」と言ってもらいます。
「いいよ」も何も私の人生、誰の許可も要らないはずなんですが、それでも父にOKって言ってもらうとほっとするというのが夢の中のことながら、私らしい(笑) でも、それで問題は一つクリアしたけれど、じゃあ仕事を辞めて、本当にそれでやっていけるの?って我ながら半信半疑という夢でした。

私としては、この夢かなり今回の満月であぶり出されているなぁというのが一つあり、書いています。(蟹座のキーの一つは”家族””自分が安心できる親密な空間”)
あと、たぶん、次にこの夢を見る時には、もう少し気持ちよくお仕事を辞し、気持ちよく次に進んでいるんだろうなと思うんです。
何年にも渡って同じ夢を見て、毎回少しずつ違うシチュエーションと心持ちを見ながら、現実の進行状態を確かめるというのは、本などでも読んだことがあるのですが、私はこの夢はそういう種類の夢のように思います。

皆さまは普段、どんな夢を見ますか?
夢など一切覚えていないでしょうか。それとも起きた直後に忘れてしまいますか?
私は夢は感触が大事だと思っていて、そこで感じたことを、今現実のどの場面で体験しているのか、あるいは過去どんな場面でそれを感じたのかを思い出したりしてみると、自分の潜在意識の中でごそこそしているカケラに気づき、顕在意識まで浮上させることができて、非常に有用だと思うのですよね。

 

で、ここまでが一段落。ここからだいぶ話が飛びますが、
以前は「人から望まれること」と、「自分が望むこと」って、結構反しているよねというのが世間的に流布されていませんでしたか?

もしかしたら私の生きてきた狭い世界の話かもしれませんが「あなたの望んでいることは本当にあなたが望んでいること?」「親や世間の願望を達成しようとしていませんか?」「インナーチャイルドは何を言っていますか?」ということが、なかなかに流行ったと思うのです。私も実際、その視点を持つことを非常に重要視しましたし、それによって「それって私にとって本当?」「私はどう感じてるの?」をたくさん知ることができて、世界が広がった体験があります。

この時期は自分の癒しに非常に焦点が置かれまして、本当の自分に目覚めることが、社会や周りからの一種の決別を促す側面があったのですね。

スピリチュアル界隈においても、あるいはボディーを整える系の界隈にいてもそうですが、そのときに流行るものってとても時代を、もっと言えば集合無意識及び地球や宇宙の発展方向を反映していて、これの次にそれが流行り、それが終わったらこれが流行る、それを追って行くと、人類の(意識における)進化を追って行くのは比較的容易くなると思っているんですが

上記したような少し前までの「世間の望みvs自分の願望」の時代が、ちゃんと終わりを告げつつあり、私が望んでいることを世間に応援してもらうことがノーマルな状態になってきたなぁと感じています。「世間の期待vs自分の叶えたいこと」ではなく「自分の憧れ♡世間が望んでいること」という、調和的な図式ができてきたかな、と。それが容易にできるプラットフォームも社会的に整ってきているし、人々の意識もその方向に向かっている。vsではなく、ゆるやかな個人へ。自分を溶け込ませていっているような感じです。

 

どんな世界を「あたり前」と感じるかは、人によりけりです。親の影響もあるし、教育によるものもあるし、今関わっている友達にもよるし、今属しているコミュニティーにもよる。かつての私は、自分の望みを叶えるために、父の許可を必要としていて、今もそれはいささかなりとも残っている感触であり、それを抹消する必要もないのだけれど。
徐々に、自分の望むことを進めていくことが家族や周りが私に期待してくれることと重なっていく部分にも、非常に価値を、あるいは焦点が合うポイントを見出していけるようになっていっている気がしています。

誰も彼もが自分を発信できる時代になったからこそ、「自分」をしっかりもたなくちゃー!奇抜なことをせんとあかん!みたいな風潮もあり、もし楽しければそれもとてもいいことなのですが、
無理に自分を作り変える必要がなくなり、ただ自分の望みに正直にいるだけで、調和的な社会に同調していけるようになってきました。

というのを感じる蟹座満月。

ちなみに「あ、やっぱり今日ブログ書こう~」と感じてPC立ち上げた時間が1月11日11:22でした。
やっぱり1と2のパレードが、今回何かのキーかしら。

 

こういったことをつらつらと書いて、誰かに届くのか誰かが少しでもほっとしてくれるのか……と思うこともないではないんですが、どこかで誰かが言ってくれた、書いてくれた一言で、私はたくさん人生を救われてきたから、だから私はこうして自分の今体験していることや、かつて体験したことからの学びを書き綴り続けたいと思うのです。「発信」というほど強い言葉ではないのだけれど、もしピピピッと受信してくれる方がいるなら、それはとても嬉しいことだと思います。


今日も素敵な一日を☆
いつもここから応援しています!

 

今日の画像はFree-PhotosによるPixabayから。