パーソナルカラー&メイクレッスンin埼玉・越谷に行ってきました

わくわくする日々|2020/03/07 posted.

3月3日、お雛祭りの日に、パーソナルカラー&メイクレッスンに行ってきました☆
もう今日はほぼほぼ「ひたすら楽しかったよ~」という話ですm(__)m

 

少し前から急に「あ、行こうかな」と感じて埼玉は越谷の「KIRA C’est Riyon (キラ セ リヨン)」様にお邪魔しました。
キラ セ リヨン様のamebloはこちら メニューページ  トップページ

 

もうね、とっても楽しかったです^^レッスンしてくださったのは瀬賀理代さん。とてもお綺麗で、かつ優しくて、そしてリードが絶妙です。話をちゃんと聞いていただけますし、適宜頂けるアドバイスもわかりやすく、納得できるもので終始「へぇ~」「うわ~ぁ♡」と感動してました。私実は昔、パーソナルカラーの勉強はしたのですが(資格もとった気がする)、自分の該当の季節の中であっても、これだけ「ぴったり!」「いまいち……」があるとは思っておらず、やっぱりプロにお願いしてよかったと思いました♪

瀬賀さんは、おそらくサトルレベルの耳がいい方なんだろうなぁとも思いました。鋭敏な聴覚が冴えていらっしゃる方は、相手が口に出してないことも察することができるので、会話の流れや相手に響く言葉を扱うのがとてもお上手ですよね♡もちろんプロフェッショナルとして研鑽を積まれてきたということがあってこそだと思いますが。

 

先に結論から書きますと、私のパーソナルカラーは「夏」でした♪
自分では「春」かなぁなんて言ってたので、全然違いました!(ブルべイエベから違うという^^;かつて勉強した知識はどこへ行ったのだろう……(笑))自分を客観視するって難しいですよね。

パーソナルカラーとしての「夏」は初夏の紫陽花、スモーキー、グレイッシュ、エレガント、ソフトな印象タイプとのことです。
ドレープを一枚一枚当てながら「これは肌が映えるね」「これは顔がくすんで見えちゃってもったいないね」ということを一緒に確認していきます。最後に似合う色を並べて教えてくださるので、とってもわかりやすいですし、助かります。

キラ セ リヨンさんでは、パーソナルカラー「診断」で終わるのではなく、パーソナルカラー&メイク「レッスン」なので、パーソナルカラーの基本的な知識を教えていただける上に、自分に合う色でのメイクも一緒にさせていただくことができます。これがまたすごくよかった。私は興味のある分野については、人から与えられて終わるのは好みではなく「自分でできるようになりたい」気持ちが強いタイプなので、この「レッスン」の部分に、魅かれて行ってきたというのもあります。

 

そしてメイクしていただいた後の写真がこちら♡
(これは自宅に戻っての自撮りですが、ビフォー&アフターも撮っていただけます。ビフォーが恥ずかしすぎて載せられなかった(笑))

私普段のメイク、アイライン引いてないので(汗)、ちゃんと引くと、ちゃんと目ができますね!私の黒目は濃いめのダークブラウンだそうで、アイラインもしっかり黒です。アイシャドーはグレイで、逆行では色味が出てないですが……、自分ではとっても気に入りました^^口紅も普段自分が付けているのとはまったく違うお色味で付けてきたので、顔の印象が普段と全然違う……!と自分では大感激でした。

 

 

ここからはなぜ私が今回この時期にパーソナルカラー&メイクレッスンを受けたくなったのか、をつらつら書かせてください。似たような環境にいる人、いた人のご参考になれば……。
(私は衝動が先にきて、理由が後から頭で理解できるタイプです。以下は頭で理解したことのメモですm(__)m)

①お誕生日が近いから♡来月なんです。最初は「誕生日に行こうかな」とよぎったのですが、「いや、3月に行きたい」と思いました。例えば誕生日に自分に似合う服とか買うのもいいですよね。自分へのプレゼントとして、このコースは大変おすすめです。

②30過ぎてから、これまでの服やメイクが合わなくなっていたので。クローゼット改革をするのであれば、今度こそ、自分にとっても、自分に関わってくれる人にとってもテンションが上がる/落ち着いて安心して関われるもので埋めたいな~と思いました。そのためのキーを取得しに行った感じ。

③3月は自分を見つめ直し、本当の自分・これからの自分を再構築する時期だと前から感じていたので。自分を冷静に観る指標の一つとして受けてきたようにも思います。
余談ですが、結果として「夏」の色味というのがわかって、なんだかすごく安心したのですよね。「なんだ、元から私が好きな色味やトーンだ」って。
「春」と思っていたのは、周りの人が私に期待する在り方や、身に着けてほしいと思っているだろうなと私が勝手に推測している色味やトーン(元気・爛漫・かわいい・キュート・朗らか、みたいな。)に合わせていた部分があったと思います。本当の自分の好き・落ち着くもので揃えていればいいんだなぁと思うことができました。これは私にとって非常に大きな収穫。

④そして最後に……。誰でもきれいになれるし、なりたいと思っていいんだなぁと思って、それを体現しに行ったんです。
すごく赤裸々に書いてしまいますが、私はこれまで、美容・おしゃれ・メイクというものは「女子女子してめんどくさい」と思っていたのです。(休み時間よりも授業中のほうが楽~と思ってたタイプ(笑))
メイクを楽しめるのは、元から綺麗な方と「女子としての才能」に恵まれて生まれてきた方だけだろうと思い込んでいたんですね。あの人は綺麗でいいなぁ、あの子は可愛くて素敵だなぁ。女の子ってすごいなぁって。「自分にはとてもなれない」と思ってきました。私にとって服やメイクは義務としてあるもので、残念ながら楽しいものではなかったんです。

けれど、最近YouTubeでメイク動画見たり、職場の方の努力を聞いたりするにつけ「あ、誰でもが自分がしたいと思うことをやっていいんだな」「メイクって楽しんでいいんだな」って思えるようになったのです。その気持ちが後押しになってくれて、今回レッスンに行って来られたと思います。かつての私なら、足を運ぶ勇気すらなかった、と思います。メイク動画上げてくれている方々には感謝感謝です。やりたいことをやってくれている人がいることで勇気づけられる人もいるんだなぁということを受け手側として実感しているこの頃です^^

だんだんと外と内、外から自分がどう見えているかということと、自分に対する自分の認識、そして内側からの声が矛盾なく合わさっていっているのを感じています。これは螺旋の学び。もちろん、かつても合わせたんだけど、ぐるりと登って少しずれていたことを、また合わせて、より深く統合しているところ……だと思います。やっぱり3月は面白いですね。

はい、長々お付き合いいただきありがとうございましたm(__)m
ともかくとしてキラ セ リヨン・瀬賀理代さんのレッスン、おすすめです^^というのと、パーソナルカラーを知ることで広がる世界があったよというのをお伝えしたかったです。
(もう一度貼ります。キラ セ リヨン様のamebloはこちら! メニューページ  トップページ)

まれにパーソナルカラー診断に行って好きな色を否定された、傷つけられたなどのご感想も耳にしますが、私はやっぱり可能性を広げるために「パーソナルカラー」というコンセプトを利用したほうがいいのではないかと思っています。好きな色は、似合う色味やトーンで身に着ければ、なおハッピーですよね。
ちなみに、私は「秋」の色味が似合わなすぎて、あっという間に「秋は違うね~」と診断終わったのですが、全然余裕で楽しかったです。秋のこっくりとしたお色味自体は好きだけれど、持って生まれている肌と圧倒的に合わないんだからあえて頑張らなくていい、というほうが楽。どうしても欲しい時は、小さく、肌から離して使ってもいいし、そもそも秋が似合う人がいるのなら、私は夏の魅力で勝負したほうが、より世界が華やかになるよね♪と思ったりします。

自分を見つめたいなぁと思う方、クローゼット・メイクボックス改革検討している方、ただただ楽しそうと思う方、ぜひ一度ご自分へのプレゼントとしてチャレンジしてみてくださいませ。

今日もあなたの人生が、あなたの輝きで満ちていますように。
いつもここから応援しています!

—————————————————–

♪3月25日まで受け付け、限定セッションのご案内です。

3月のセッションメニューのご案内

セッションのお申込、お問い合わせはLINE、もしくはこちらのページよりお待ちしております。
https://bloomingnotes.xyz/request/
友だち追加

今日の画像は、S. Hermann & F. RichterによるPixabayから。