立春/ゆっくりおやすみ

つれづれ|2020/02/04 posted.

さて、立春を迎えました☆
暦の上では、春の始まり。皆さまいかがお過ごしでしょうか。

珍しく夜書いてます。
基本はやっぱり、朝の新鮮な一文をお届けしたい、というかそうじゃないと書きにくいなぁですが、今日は(早く起きたけれど)仕上がらなかったのよね。そんな日もあります。このブルーミングノートは朝縛りは敷いてないからいいかしら。マイルールは緩く保つ。欠かせない一要素だけを守る。ちなみに朝書きつけた分はほぼ全消しです。やっぱり「続きを書く」とか「細切れに仕上げる」のは、気持ちを綴るときには難しいですねぇ。

 

今日の立春、私とても楽しみにしていたのですが、どうだったかというと……。すごく感動することもなく、大きな出来事もなく、ただ自然に通過していっています。これもある意味では予想通りなのだけど、予想違いと感じたのは、ゲートはなんとなく外にあると想定していたことに気づかされたこと。つまり、ゲートは内側にあったなということ。

考えてみれば当たり前なのだけれど、私たちは「ソトのヒト」ではないですものね。ゲートはちゃんと内側にあって、そこを、のめっと、くぐり抜けられたように思います♡

先日も「珍しく気持ちが内籠りしている」ということを書きましたが、やっぱり自分の内側の大事なところ、やらかくて、たゆっとしたところに帰っている感じがします。小さい頃から大切に思っていたものとか、どういうものをかわいいと思うのかとか、何が好きなのかとか、どういう風に時間を過ごしたいのかとか、何にほんやりと幸せを感じるのかとか。そういうことがちゃんと、身体の中を、心の中を、エネルギーの中を、漂って、ゲートに導き、ゲートに吸い込まれている感じ。

 

唐突ですが、しばらく前から右肩付近~右腕に違和感があってですね。
少し前はメインの違和感は腕だったのです。でもこの一週間程で肩周りがおかしいなぁになってきて、一昨日はすごく痛くて、日頃体の痛みには比較的無頓着で対処も遅れがちな私でさえ(ほんとうにボディートーカーなんだろうか……自分のことって遅れがちよね。)、病院に行こうか検討したくらいでした。症状としては、四十肩、五十肩と言われるようなものに近いのかなぁ。30代前半ですけどねぇ。腕を上げるのは痛くないけれど、後ろに引いたり、右腕で左肩に触れるような動作、たとえば服の脱ぎ着がとっても痛い。痛くて一瞬息を止めちゃう。痛くてびっくりする。

で、自分であーだこーだ内省してみたりもしたけれど、自分のことを観るって難しいのですよね。
しかも結構片手間にしちゃってた。したいことを優先し、身体のケアはおろそかだった。

しかしながら今日の立春。朝の空気の静けさと、そこにある、かすかなチャンスのお知らせの気配によって、ちゃんと深く入れそうだったので、しっかり自分の右肩と対話をする時間をとってみました。(そのためにブログを書く時間が押したことにしよう。)

 

急がされるのがイヤなんだって。自信を失くして落ち込んでいるのに、私がそれに寄り添わず頑張れ頑張れ言うものだから、すっかりしょげ返ってしまっていました(右肩が)。そうかそうかごめんね。あれもこれもと負いきれない責任を感じさせちゃったんだね。責任というよりも心身の過重労働を強いられたという感じか。もうヤダー!できないもん!というのが右肩にきた……というより、右肩が心身の負担を引き受けて表してくれておりました。

ごめんよ、右肩。

、ということを「理解した」瞬間から、肩の痛みが明らかに引きました。痛みMAXが10、痛みなしが0だとしたら、6→4くらい。あ、わかりづらいかな。とにかく瞬時に痛みが引いていきました。(すいません、公平を期すために、前日にふと思い立ってヘンプエキスを塗ることで9→6になっていたことは書いておきます。)

肩との対話の後も、肩に寄り添って歩いたりしてみてですね。そしたら、自分の普段の右肩の位置が、本来ある場所からだいぶ(2-3mm程度かと思いますが)、離れてしまっていたなということも気づきました。体感的にね。もう嫌だから体から離れたかったのか。それとも私があまりに引っ張るから伸びちゃったのか。

 

そんな流れから、現実で起こっていることも見つつ、自分の内に踏み入っていくと、最初に書いたようなあれやこれやが、走馬灯、もといメリーゴーラウンドのようにゆったりと巡っていきました。

私は何を大事にしたいのだろう。私は何をしているときに幸せだろう。何に癒しを感じているのだろう。

あなたはいかがですか?
たぶんだけれど、ここ最近も、ずっと前も、思春期の頃も、子どものときも、そこにあるエッセンスは変わらないのではないかしら。

何度洗い出してみても、うっかり日常で踏みつぶしてしまいがちで、けれども思い出すたびにほぼ変わることなく送られてくる回答。

ちゃんと自分と接続して、春の日も一歩ずつ、丁寧に踏みしめていければと思います。願わくば、踏みしめる地面はやさしい大地でありますように。一方、なんだかとってももたもたしたくもなっちゃうのよね。急かされすぎた右肩の代筆?なんだろうか。それとも春の魔法でしょうか。変われって言われるとイヤになっちゃうよね(笑)
適切なときに、適切な場所に、必ずいることを信じて、引き続き。始まる春とダンスしていきたいと思います。適度なおやすみと、(       なんのためにもならない      )時間を大切にすることで、滋養される深い領域もありますね♡ゆっくりおやすみも大事に。日々自分を育んで。

あなたの今日が、(今日も、)ほんとうの部分が満ち足りたものでありますように。
私ももう少し気を付けますm(__)m

もう一つ書き添えるなら、服を着替える動作で痛みがひどかったのもちょっと象徴的だと思いますのん。服を着替える時って場面が変わる。舞台が変わる。変化のときですよね。痛みがなくなって、それが再び楽にできるようになったときに、どんな現実が私の内側から出てきて、私を迎えてくれるでしょう。

 

夜は輪をかけてポエティックですみません。自分の身体との対話。象徴との対話。ときどき澄んだ空気の中で楽しまれてくださいね。
いつもここから応援しています!

—————————————————–

♪アクセスバーズクラス開催します!2020年3月15日(日)!

思考の断捨離!アクセスバーズクラス開催します♪by望月亜希子CBP!

2月のセッション受付日程

アクセスバーズクラス、セッションのお申込、お問い合わせはLINE、もしくはこちらのページよりお待ちしております。
https://bloomingnotes.xyz/request/
友だち追加

今日の画像はS. Hermann & F. RichterによるPixabayから。